よくあるトラブルのここだけの話


こんな危険なトラブルを回避する自信はありますか?

下記のようなよくあるトラブルは、ジュンナパークでは一切ありません!

1.仔犬を迎えて1週間ぐらいで下痢、嘔吐し亡くなってしまいました!

「どこで感染してか証明できないため、結局治療費などもかかっても泣き寝入り」←よくある話です。
ジステンバー、パルボ感染症は対症療法・補助療法と細 菌の二次感染を抑える程度しか治療法はない。
死亡率が最も高い感染症で感染後の潜伏期間は4日〜7日でお迎え後1週間程度で発症する。
ウイルスは自然界で半年〜1年はそのままの状態でホコリなどに混じり、生存できる強いウイルスです。
感染ルートは仔犬から仔犬が最も多く、ペットショップ等の仕入れが伴うお店での感染リスクは、常につきまとうということです。

ジュンナパークでは仔犬の出入りがないため、ケンネルコフ(風邪)すら感染することはありません

2.仔犬を迎えてから心臓の疾患があることが判明した!

「仔犬を選ぶときに、大人しい子を選んだら病気でした!」←これも初心者に多い失敗です。
初めて飼育する人に多い間違いは、大人しい仔犬を選ぶことです。
通常、仔犬は好奇心旺盛で、あまりじっとしていることはない。
大人しい子犬は、心臓、脳などの何らかの疾患をもっていることが多い。

ジュンナパークでは、万一のことを考え、心臓、脳など治療が困難な疾患の場合は、お迎え後30日以内なら交換保証しています

3.犬の皮膚病が家族にも感染してしまった!

皮膚の病気の中には、細菌やカビによるものがあります。
皮膚糸状菌症は、簡単に言えば、皮膚にカビが生えてしまう病気ですが人間にも感染します。
数週間で済むものから数ヵ月、あるいは何年もかかるケースもある。

ジュンナパークでは皮膚病の仔犬はお渡ししません。

4.耳ダニの治療で1ヶ月もかかってしまいました!

耳の中だけで生息する小さなダニで、繁殖力は旺盛で親犬が寄生していたり、同じ環境の犬が寄生していると仔犬に感染する。
治療期間は、卵から成虫になる3週間は確実に治療続けることが必要でとても治療期間がながくやっかいなのです。

ジュンナパークの仔犬には耳ダニはいません!


トイプードルの仔犬選びは危険なリスクを冒すことはありません!

通常なら、ブリーダー → 仔犬市場 →ペットショップに入るこの危険なルートをかいくぐり、ウイルス、感染症・皮膚病・耳ダニやあらゆる感染症にも感染せず、生涯治療を要するような心臓、脳疾患のない仔犬を、自分で判断し選ばなくてはならないということです。
こんな危険な賭けをしているのです。


⇒ジュンナパークなら、あらゆる感染リスクを冒すことなく、万一の場合の保証付(2年間の生命・性格保証付)で安心です。