室温(冬・夏)・散歩・共働き家庭の注意点

トイプードルの飼い方において大多数の質問はは室温・散歩・共働きの注意点です。
その3点についてまとめてみました。

室温

室温

トイプードルの飼い方において理想の室温は20℃以上

エアコン 冬 28℃セット

飼育においての室温は20℃以上が適温です。
冬はエアコンを28℃ぐらいにセットしておけばいいでしょう。
また、犬用のヒーターをご用意ください。
比較的体温も高いため、トイプードルは冬には強い犬種です。

エアコン 夏 26℃セット

夏はエアコンの温度を26℃前後に設定し、空気を循環させるため扇風機も同時にまわすといいでしょう。
夏用の犬の夏用のプレートを用意しておきましょう。

散歩

散歩をするなら、毎日2回程度必要です。(1回30分〜1時間)
外で排便をするようになると我慢していますので、気まぐれに行く事は避けましょう。
せっかく室内で排便の場所を覚えても、散歩に行ったり行かなかったりするとどこでも排便をしてしまう場合があります。
トイプードルを飼うにあたり、散歩を毎日行くか、室内で自由にさせるかを始めに選択してください。
天候の悪い場合はお庭や玄関で、排便のみをさせてください。

共働きの注意点

近年では共働きの家庭も多く、「トイプードルは留守番できますか?」という質問も多くいただくようになりました。
基本的な飼い方は食事や水は確保するということです。
その他、注意しないいけない点はトイレトレーは必ず網付きの物を選択することです。
帰ってきたらシーツがボロボロになって後片付けが大変です。
それ以外においては、あまり心配いりません。
共働きの家庭の方で一番心配なのは食事です。
トイプードルは生後4ヶ月頃までは3食ですが、朝に1食、夕方、夜に分けて与える。
例 20g/1回の場合

   朝 25g
   夕 20g
   夜 15g