トイプードルの空輸についてのご質問Q&A

トイプードルの空輸、送付についてのQAをまとめてみました。
少しでも不安を取り除いていただければ幸いです!
2013年9月1日からの予約については動物愛護管理法の改正により、実際に子犬に対面し、飼育の説明をうけなければならなくなったため、空輸は事前にトイプードルの子犬をご見学いただいたお客様のみになりました。
見学が困難なお客様は手渡し出張サービスをご利用ください。

Q1.特に暑くなる夏や、寒い冬の空輸は問題はないのでしょうか?

Q2.空輸の受取りは何処でするのでしょうか?必要なものはありますか

Q3.空輸の送料はいくらかかりますか?

Q4.空輸時に何か問題があったことはありますか?

Q5.陸送はできますか? 

Q1.特に暑くなる夏や、寒い冬の空輸は問題はないのでしょうか?

ペットの空輸は通常の荷物とは違い、人間同様に温度、気圧の管理された部屋で空輸にて送付されますので問題はありません。
ジュンナパークでは念のため夏は保冷剤を凍らせ、冬はカイロを子犬と一緒に入れています。
保冷剤、カイロは送付ケースの底に一面ではなく半面だけ敷いていますのでトイプードの子犬を冷やしすぎたり暖かすぎたりした場合は、子犬自身が調整して場所を変えられるようになっています。
室内が人間同様の温度ですので特にご心配いただくことはありませんよ。

Q2.空輸の受取りは何処でするのでしょうか?必要なものはありますか?

お近くの空港の貨物ターミナルの受付カウンターでトイプードルの子犬を受取り印鑑、身分証明(免許証等)をご持参いただいて受取りができます。
また、お水とタオル、ティッシュをご持参ください。
送付のケースはトイプードルの子犬を入れたままお持ち帰りいただけます。

Q3.空輸の送料はいくらかかりますか?

事前にトイプードルの子犬をご見学いただいたお客様のみ、空輸は無料でお送りしています。
見学が困難なお客様は手渡し出張サービスをご利用ください。

Q4.空輸時に何か問題があったことはありますか?

通年を通して空輸時にトイプードルの子犬が弱ってしまったことはいままでは1度もありません。 万全な状態で空輸にてお送りしますのでご安心ください。

Q5.陸送はできますか? 

陸送がご希望の場合は、スタッフにより手渡し出張サービスをご利用ください。