トイプードルの脳、神経の病気

トイプードルの脳、神経の主な病気の症状です。
特に熱中症においては夏場に多く室内犬に多い疾患です。
エアコンにて25度にセットして28度以上にならないように温度を調整が必要
タイマーにて途中で止める場合は、室内は締め切らず窓を開けて換気するようにして
急激に温度が上がることを防止しましょう。

てんかんトイプードルの脳
てんかん発作は痙攣発作を起こし、全身が震えたりする発作。
脳を形成している神経細胞に異常が起こり発症するが、原因不明のものと脳に障害があるものがある。

水頭症
脳の内部を循環している脳脊髄液が異常に分泌され、脳圧が高まることで発症し歩くときにふらついたり、けいれん、異常な行動。

脳腫瘍
脳に腫瘍ができて、神経に異常を起こす病気で、歩行障害、意識障害、視覚障害、けいれんをおこす。

認知症
高齢な犬によく見られる症状で脳の老化などによって、脳が萎縮して脳神経細胞が正常に働かなく、認知障害や異常行動がみられる

髄膜炎
髄膜炎とは、脳や脊髄を覆う髄膜という部分が炎症を起こし発熱、痙攣、突発的な痛み、歩行異常などになる。

熱中症
夏の暑いときに息が荒くなり、嘔吐をしたり、けいれんをおこしぐったりする。
体内の熱が上昇し体温を調節できなくなり、臓器が機能不全をおこす症状。
体を水などで冷やし息が正常に戻ったら動物病院に行きましょう。

椎間板ヘルニア
椎間板の老化で、関節の軟骨部が石灰化し空間を狭くして弾力性を失うことで椎間板内部の髄核が脊椎内に突き出して、脊髄を圧迫し痛みや麻痺等の症状がでる。

トイプードルに特に多い疾患ではないが脳、神経の病気は早期発見、早期治療がベスト。